薬剤・併用禁忌リスト 2016年7月版

薬剤リスト、併用禁忌・注意薬リスト 2016年7月版

2016年7月現在、 我が国で承認されている薬剤です。

使用にあたっての注意点

1. 併用出来ない薬や注意が必要な薬があるので、「併用禁忌・注意薬リスト」を確認しましょう。
2. 副作用の発生頻度(%)は、各製薬会社が報告している国内・海外の最新情報を参考にしています。
3. 薬価は2016年7月現在のものです。
4. 錠剤などの粉砕・脱カプセルについては薬剤師へご相談ください。

食後服用:

粉砕・脱カプセル:○:  △:  ×:  不明:

 

併用禁忌および併用注意の薬剤の分類

① 抗HIV薬の血中濃度が低下する可能性がある
② 抗HIV薬の血中濃度が上昇する可能性がある
③ 併用薬の血中濃度が低下する可能性がある
④ 併用薬の血中濃度が上昇する可能性がある
⑤ その他(機序不明の副作用増強、薬物血中濃度変化が予測できない、有用性が示されていないなど)
⑥ 相互作用に影響なし

併用禁忌・注意薬リストは2016年7月現在の添付文書をもとに作成しています。最新の相互作用については添付文書を参照して下さい。

薬剤名は一般名・商品名・略号を記載しました。
商品名については代表的な薬剤を記載しました。

情報が更新されることがありますので必ず最新情報を確認して下さい。



更新情報


2016年10月
薬剤リスト2016年版を改訂しました

2015年8月
薬剤リスト2015年版を改訂しました

2014年5月
薬剤リスト2014年版を改訂しました
 



AIDS Clinical Center (ACC)
国立研究開発法人 国立国際医療研究センター *
(NCGM)エイズ治療・研究開発センター(ACC)
*2015年4月から施設名が変更となりました